スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーバースデイ


「ヅラぁ、誕生日おめでとさん」
「ん。そういえば今日だったか。このところ忙しくて忘れていた」
「はいじゃコレ」
「・・・・・・・」
「・・・・・・・」
「・・・・・・・銀時、俺の目が正しければこれ婚姻届って書いてあるんだが」
「俺の分記入してあるから、お前の分は自分で書いておけよ」
「貴様、コレわざわざ取りに行ったのか区役所まで。俺のこんなリアクションのために」
「はいはいはいはいうっせーよ!ねーんだよ金が!何かくれてやるだけ有り難く思え!」
「金がないなら仕方あるまい、有り難く受け取ってやろう」
「…嬉しいならもっと嬉しそうにしてくんない?」

******

 おめでとヅラでした。
 もっと恥ずかしい感じを予定していましたが、恥ずかしいのでこんな感じに。
 そういや今年はアニメでお祝いなしでしたね。
 なんにせよ、お誕生日おめでとヅラ!
スポンサーサイト

あとヅラは銀さんのちんこ咥えるのは余裕だけど足舐めろって言われたら全力で拒否するよ。理由:臭いから。


しもネタちゅうい。
今更しもねたがなんだって感じですが嫌な人は避けてね。
 
 たとえば銀さんてヅラが寝てる間にパンツ脱がしてそれにぶっかけしてまた着せて、朝何事もなかったかのようにヅラを観察しそうな感じしない?ヅラ夢精したかと思うよね。んでヅラがパンツ洗おうとしたら銀さんがネタばらしして朝っぱらからとっくみ合いの喧嘩になります。
 なんか夜中に起きてムラムラしたけどヅラが寝てたら顔射とかもしそう。ヅラ途中で起きて、無言で手でぬぐって、白々しく寝たふりする銀さんの顔にビトってつける。やっぱり殴り合いの喧嘩になります。その後なかよく顔洗いに行きますよ。その他にもわざわざ人が見てる前(公共の場所とかじゃなくて攘夷党内とか万事屋とかマダオがいる時とか)に限っていちゃいちゃしたがる銀さんとか、普段構ってちゃん全開のヅラがテレビとか仕事とかに没頭してる時に限って構ってほしそうにちょっかいかける銀さんとか、ヅラの携帯勝手にチェックする銀さんとか、妄想はつきないです。うはぁ。

 銀さんてモテないはずがないのに女の影がこんだけないってのは余程ドギツイ性癖でも持ってるんじゃないかな?という妄想でした。性癖じゃなくてただの変態っぽくなったけど銀さんだから全然平気だよね!(性癖バージョンの妄想は永遠に胸に秘めておきます)
 だってあんだけかっこよくて実際ゲスト女性のフラグ立てておいて放置。余程の変態じゃないならホントに男好きじゃんじゃないですか銀さん?正直銀さんくらいのスペックだったらヒモにしたい女性なんていくらでもいるでしょうに。銀さんて妙にプライド高いからそういうのはダメなんだろうな。なんかそういうところを含めて銀さんってダメですよねぇ。だがそれが良い。

誰か銀桂ショタのべろちゅう絵を描いてくれ。なるだけ生々しく。


 銀さんとヅラの幼少時に飢えている訳で・・・・。
 ああどんな形でも良いんでお願いします空知神。とりあえずひとの誕生日でいちゃつくのはちっちゃい頃からってのは把握です。

 いくら慣れ染めを妄想しても妄想してもしっくりこないのは公式情報が少ないからなんですよと原作至上厨の私は思うのです。あとヅラの幼少時を絶対可愛く妄想してしまうから多分そこもしっくりこない原因の一つかも知れない。だってあんなに可愛い子がやったらどんなに阿呆でも馬鹿でも電波でも可愛くなるじゃないですか!しかし一筋縄でいかないのが銀魂なんだ・・・桂なんだ・・・。どんなに夢を抱いても一瞬で打ち砕かれる覚悟はできています。だから早く原作でショタヅラをぉおおお・・・。

 銀さんてなんで桂なんかとちゃんと付き合ってやってるんだろうか。って考えた時に、戦争を一緒に切り抜けたとかの以前にもっと根底からヅラに救われてる部分がある気がするんですよ。九ちゃんにとってのお妙さんぐらい人生の救世主だったんじゃないかと。変な物の例えで出してごめんねお妙さん。銀さんて松陽先生に拾われたばっかの頃は誰にも心を開いてなくて、先生ですら距離の測り方に悩む程だったのにヅラは昔っから馬鹿だからゼロ距離で銀さんに接してたんじゃないかなぁと思うんですよ。銀さんにとって「周りの人間=敵」ぐらいだったもんだからそれは凄く救われたんじゃないかな、と・・・。ヅラはその頃から馬鹿だけど、その頃から凄いカリスマ性があって、凄く目立つ存在で嫌われてはいないんだけど友達はあんま居なかったんだろうなぁ。そんなショタ桂が銀さんを地獄から引きずりあげたと思うと萌えたまらんのです。そしてお互いにちょっとずつ依存していくのがたまらんのです。最終形態がダメダメなオッサン2人ってのが更にたまらん。
 そんなこんなで銀さんは今でもヅラが大事なんだろな。紅桜とか見てても銀さん結構ヅラに依存してる気がする。
 ヅラに銀さんて勿体なすぎるよなぁ。でも銀さんにヅラってのもなんかちょっともったいない気もするんだ。でも凄くぴったり納まる馬鹿夫婦。不思議だなぁ。

 紅桜で思い出した。
 アニメのMAD見てたらヅラが背後から切られそうになった時銀さんがフォロー入れてたんですよ。ただそんだけなんですが背中合わせで戦うとか背中を任せられる信頼感とかそういうカップリングが大好物なんでめっさ興奮しました。それだけですごめんなさい。すっごく萌えました。

日記のつもりだったけどいつのまにか語ってたのでカテゴリ銀魂語りで


 なんと更新してみた。といっても書き溜めてた黒猫譚の続きを一話だけですが。
 プロットは気に入ってるのでなんとか完結させたいです。それに比べて嗚呼夜空にゃ~は完全に失敗風味なのでもう・・・ぶっちゃけひっこめたい。山崎とヅラを書きたかっただけだったんだ。話とか全然考えてなかったんだ・・・。
 
 山崎といえば、最近山崎が好きなのです。忍者という設定をあそこまで活かせてないキャラが居て良いのか。普通忍者ってもっとおいしいはずなのに。ホント山崎は普通なんだなぁ。ボケてみたりツッコんでみたりミントンしたりするけど凄く普通だよなぁ新八とか目じゃない普通っぷり。
 ちなみにザキのセリフで一番すきなのには「じゃ 拙者はこれにて」なんですよ。吹き出しにすら入って無い書き文字ですが、なんかこの調子のった感じが凄く普通で良いなぁと思います。あのあと忍者ルックのクセにふっつーに歩いて帰ったのかと思うとちょっと微笑ましくなる。嘲笑的な意味で。
 ああ山崎とヅラの絡みがみたいんだよぉおお。あの潜入捜査の時結局どうなったんだよーーーー。一旦捕まったのか、それとも逃げおおせたのか、いや別に妄想のし甲斐があるのは良いんですが原作厨としてはどうなってんのかすっげぇ知りたいんですよ。私の中の妄想では一旦捕まってヅラに尋問されたと思うんですよ。ヅラはド淫乱の雌豚なので性的な意味の。嘘です。でも嘘じゃないです。ああこの辺りで既に一本小説書けるくらいの妄想はあるのにめんどくさくてできない!!なぜだぁぁっぁああああああ
 あと多分ヅラがアフロの山崎みたらすっげぇ興味津津だと思います。モヒカンはそうでもないと思う。
 どっかに山ヅラで良い小説お書きになられるサイト無いかしら。

んもう!んもう!!!!!!!


川 ̄ー ̄川 < Fever

 ああああああああああああ今週号のジャンプの為に私の19年の人生はあったんだ!!!!!!
 東城のシリアスな見せ場なんてもう一生涯ないもんだと決め込んでいた!!うれしすぎるぅうううう!!!!!!東城好きだよ普通に!!!!!!
 もう冒頭のケーキだけでも凄まじく可愛らしすぎる。100個注文するよ。
 前半グダグダしてて不安だったけど後半の巻き返し半端ない。東城素直に格好良くて感動した。空知神生まれてきてくれて本当に本当にありがとう・・・。九ちゃんの誕生日なのに何故空知の生誕に感謝してしまうのだろう。
 あと新八ここにきて男の株を上げましたな。やっぱ姉上がらみだけど。

 すっごく、すっごく語りたいんですが仕事があるので萌えたポイントを羅列してゆきます。

・サプライズされた時の九ちゃんの表情
・ヅラがこんなときに限って黒羽織(もっと出る時に黒が嬉しいんだけど…)
・花束に対して九ちゃんの大きさがちっちゃくて萌えすぎる
・神楽ちゃんが「九ちゃん」呼び!!!!
・「あッ ありがとう ありがとう」の九ちゃんの表情。つか「あッ」って!
・東城が輝いてるのは本誌の通りなのであえてスルー
・そういや東城って前は「四天王筆頭」って名乗ってたよね?やっぱサバイバルの件で格下げ?<ずっとウンコしてたうえ仲間ぶっ飛ばしただけ

 九ちゃんが東城に「素敵な誕生日をありがとう」って感謝してるのだと思うとたまらない。すっごく嬉しい。九ちゃん、誕生日おめでとう。幸せになってね。皆九ちゃんのこと大好きだからもう苦しまなくて良いんだよ。
 東城は「柳生家の為」じゃなくて「柳生九兵衛の為」に動くんだなって凄く分りました。これ萌えポイント高い。凄くうれしい。東城もちょっと報われてる感じで凄くうれしい。願わくば、遠慮なんてしないで最後のコマに入ってた方が九ちゃんは幸せになれるとちゃんと自覚しますように。九ちゃんの幸せの中に東城がいるようになりますように。

 あと、ヅラのこともちょっと語っても良いですか・・・・(控え目)
 最後のコマは何をして銀さんにぶったたかれてるか知らないけど人の誕生日にまでイチャつかなくてもいいじゃないですかコレもうなんですか。
 

| チラシの裏ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。